So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

頭は「本の読み方」で磨かれる [books]



目次

1 これが“自分の頭で考える力”をつける第一歩
  本を読む人、読まない人、そこに圧倒的な差が生まれる
  (頭がいい人は、どう本を読み、どう活かしているのか? メリット1 読んだ本の数だけ、高いところから世界が見える ほか)

2 こんな「教養のある人」こそが強い
  仕事、人間関係、幸福…あらゆることは、読書に左右される
  (「優等生」ではなく、「オタク」を目指す地頭のよさは、こうしてつくられる ほか)

3 「自分を成長させてくれる本」の見つけ方
  「上質な文章」に触れることが、何よりも脳を鍛える
  (文学界の教養王「夏目漱石」まずはこれを読め―ジャンル別「チャンピオン」 ほか)

4 知識を吸収し、人生に活かす技法
  膨大なデータを血肉にする「7つの絶対ポイント」
  (絶対ポイント(脳には「雑食」がよい「複数」を「同時進行」で ほか))

5 「一生使える財産」としての厳選10冊
  「知の宝庫」から、本当に必要なものを盗め!
  (複雑な時代に立ち向かう―その“姿勢”「国家」と「自分」を理解する―自由を考える一冊『選択の自由』 ほか)

健康になりたければ家の掃除を変えなさい [books]

「病気と掃除のプロ」が教える!
インフルエンザ、ノロ、花粉、ダニ、カビ、緑膿菌etc. から大切な家族を守る30のテクニック



未来を思い出す 「思い出す」だけで、人生に奇跡が起こる [books]



第1章 想像できることは、未来のどこかに存在している
第2章 欲しがるほどに目標は遠のいてしまう
第3章 未来にある過去を思い出す方法
第4章 信じていることが、現実をつくり出す
第5章 想起プロセスを応用する
第6章 不足しているものは何もない
第7章 未来は無限に広がっている

未来を思い出せ!!

脳が元気になる1日の習慣 Habit of the brain becoming energetic. Habit of the brain to get better [books]

脳が元気になる1日の習慣
朝の章 脳にとって最高のスタートを切る
1.五時から六時には起きる
2.起きたらまず、太陽を見る
3.今日、どんな日にしたいか口にする
4.鏡の前の自分に「最高だよ」と褒める
5.朝、十五分は散歩する
6.運動したあと、勉強する
7.朝食は、ジュースか牛乳にする
8.五万円は財布に入れておく
9.自分から挨拶をする

昼の章 仕事はあなたの夢に続いていますか
10.働く努力より、楽しむ努力をする
11.仕事は「戦略ゲーム」として考える
12.「できる」と言って引き受ける
13.「ありがとう」の言葉を、たくさん口にする
14.年下から、教えを請う
15.夢を語るときは、自分から発信する
16.憧れの人になりきる
17.万年筆にこだわる
18.ランチを一人で食べに行く

夜の章 寝る前に素晴らしい明日を思い描いてますか
19.夜しかできない活動を考える
20.寄り道の時間をつくる
21.本屋さんに二時間は立ち寄る
22.一万円のセミナーに参加する
23.一杯千円のコーヒーを味わう
24.旬の食べ物を買って料理する
25.サプリメントで体を浄化する
26.たまには「一流の味」を堪能する
27.寝る前に、ウィスキーを飲む
28.寝室こそ、自分の理想の場にする
29.「感謝日記」をつける

休日「晴」の章 人生を変える出会いを見つけに行く
30.ふと立ち止って周りを見渡してみる
31.ワクワクした瞬間を写真に押さえる
32.ツキに一度は野山を歩く
33.「理想」の車を試乗する
34.運転で、アタマを「振動」させる  
35.ブランドショップ、一流百貨店を覗きに行く
36.時計を探しにいく

休日「雨」の章 部屋の中になる成功へのヒントを探しましょう
37.お気に入りの空間を光でいっぱいにする
38.思い切って、部屋を美術館にする
39.一歩上の自分に合った家具を揃えてみる
40.雨の日こそ、家でおしゃれをする
41.住みたい国をイメージし、プランを考える
42.小説の中で疑似体験する
43.言葉の「たな卸し」をする

休暇の章 一生を変える素晴らしい計画を練ってみましょう
44.「80歳の自分」を考えてみる
45.学校に通うことを目指してみる
46.過去の「たな卸し」をする
47.「冒険」をしてみる
48.「世の中にできること」を考える
49.自分のルーツを調べてみる
50.両親に会いに行く
51.「ボーッとする」ために出かけてみる
52.船に乗ってみる
53.本を書いてみる











「楽しむ努力」というのが僕は一番参考になった。努力は良くないので、楽しむ工夫とかに言いなおしをしてます。とにかく、どう楽しむかを常に考えているかが脳を元気にしてくれると思います。

頭が良くなる読書方法;考える、一言で説明する、アウトプットを重視する 「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 How to improve your reading skill [books]

How to improve your reading skill
頭が良くなる読書方法;考える、一言で説明する、アウトプットを重視する





目次
はじめに 偏差値35だった僕を変えてくれた「東大読書」

PART1 地頭がよくなる「東大読書」の5ステップ
STEP1 仮説作りで「読み込む力」が劇的に上がる!――東大生は「読み始める前」に考える
STEP2 取材読みで「論理の流れ」がクリアに見える――東大生は「読者」ではなく「記者」になる
STEP3 整理読みで、難しいことも「一言で説明できる」ようになる――東大生は立ち止まりながら読む
STEP4 検証読みで「多面的なものの見方」を身につける――東大生はカバンに「2冊の本」を入れている
STEP5 議論読みで本の内容を「ずっと記憶」しておける――東大生はアウトプットを重視する

PART2 東大流「読むべき本」の探し方
METHOD0 「得るものが多い本」をどう選ぶか
METHOD1 売れている本「ベストセラー」を選ぼう!
METHOD2 信頼できる人のレコメンド
METHOD3 時代を超えて読み継がれている古典
METHOD4 「今年のマイテーマ」を決める
METHOD5 「読まず嫌い」を避ける



内容紹介
勉強にも仕事にも効く!「こんな読み方、あったんだ」

★本書の特徴★
マネするだけで、誰でも、どんな本でも!!

1.速く読める
2.内容を忘れない
3.応用できる

東大生は、そんな超・実践的な読書術を自然と習得していました。
ホントは教えたくなかったノウハウを、一冊に凝縮します!

★一生使える、5つの「スゴい読み方」★
「読み込む力」を劇的に上げる……………仮説作り
「論理の流れ」がクリアに見える…………取材読み
「一言で説明する力」を鍛える……………整理読み
「多面的なモノの見方」を身につける……検証読み
「ずっと覚えている」ことができる…………議論読み

★著者からのコメント★
もともと「できる子」だった東大生たちには「当たり前」の読み方。
偏差値35で落ちこぼれた僕がたどり着くまで、2年も浪人しました。
でも、だからこそ誰よりも、この読書術の「やり方」と「スゴさ」がわかります。
本書ではそれを、あますところなくご紹介します。
――西岡壱誠



体力の正体は筋肉 ローイング(ボート漕ぎ)運動で生活習慣病予防 The identity of physical strength is muscle [books]




■主な内容
そもそも「体力」ってなに?
体力を支えるのは筋力と全身持久力
なぜ体は固くなってしまうのか
あなたの筋肉は短距離型、それとも長距離型
骨格筋の役割は体を動かすだけではない
筋量は全体重の40%にもなる
筋量も筋力もピークを過ぎたら衰えるばかり
筋肉は“怠け者"、使わないとすぐに衰える
上半身より下半身の筋量のほうが減りやすい
衰えるのは体幹の筋肉も例外ではない
トレーニングはアスリートのためだけのものではない
日本人は世界一の座りすぎ
座りすぎをどれほど減らすか
何歳になっても筋力は高められる
トレーニングの効果は2~3カ月後にあらわれる
絶対にやってはいけないトレーニング
なぜ下半身や体幹の筋肉なのか
全身持久力を高めるのが有酸素運動、筋力を高めるのがレジスタンス運動
ローイング(ボート漕ぎ)運動は最強のトレーニング
ローイングは生活習慣病の予防にもなる
注目されているわずか4分のトレーニング
筋肉に必要な栄養素のおもな働き
筋肉をつくるのはたんぱく質
たんぱく質をとる量が減っている
第六の栄養素として欠かせないのが水
1日に「なにを」「どのくらい」食べたらいいか






これ↓で、お手軽ローイング(ボート漕ぎ)運動が出来て良いかも。4管強化型 フィットネスチューブ トレーニングチューブ シェイプアップトレーナー ボート漕ぎ運動 腹筋 トレーニング 足掛け ローイングチューブ Bajoy 男女兼用




■目次
はじめに
第1章 だれにも避けられない体力の衰え
第2章 体の動くところに筋肉あり
第3章 筋肉は使わないとすぐに衰える“怠け者"
第4章 トレーニングは裏切らない
第5章 下半身と体幹の筋肉をきたえなさい
第6章 筋肉にとっていい食事はなにか
おわりに

HUNTER×HUNTER 33 [books]



税金を払わずに生きてゆく逃税術 サラリーマンだって逃税できる [books]

税金を払わずに生きてゆく逃税術。いかに不要な税金を払わないかが逃税で、脱税とは違いますよ。サラリーマンでも税金対策が出来る。






第一章 お金持ちはどんどん税から逃げている!
第二章 個人と会社──それぞれの逃税術
第三章 住み方ひとつで決まる税金の話
第四章 サラリーマンだって逃税できる
第五章 逃税したい企業と酷税に苦しむサラリーマンへ
第六章 庶民のための「税金を払わない生活」
第七章 消費税からは逃れられない──はウソである
エピローグ 逃税は国民の義務である